予約&ご相談は
こちらのLINEから!

LINE初診予約
  • RANGE

  • 一般的なマウスピース矯正は、骨格性の不正や噛み合わせの不正、重度の不揃いを有さず
    軽〜中程度の症例患者のみ可能とされています。

    マウスピース矯正の一般的な例

    叢生 (歯列が不揃い)

    空隙歯列/正中離開(すきっ歯・ねじれ)

    上顎前突(出っ歯・前方への突出・傾き)


    また、


    矯正経験があり後戻りしたケース

    外見を意識して前歯だけ部分的に改善したいケースにもぴったりです。

    難しい症例の一般的な例

    反対咬合(下の歯が上の歯より前に出ている,受け口)

    下顎前突 (下の顎が前に出ている)

    開咬/オープンバイト(上下の歯を噛む際に隙間があり、噛み合わない)

    過蓋咬合(上の前歯が下の前歯に深く覆いかぶさっている)

    交叉咬合(歯並びがねじれている)

    日本歯科矯正学会の指針に則り、矯正の適応は、歯科医師が診断の上で判断します。